ナイトワークを始める時に、お店の雰囲気や待遇を知るために役立つ「体験入店」。
気に入ればそのまま本入店して働き続けることもできるんです◎
お店側も、女の子が活躍できるかどうかじっくり見ることができるので、
お互いにメリットがあるとっても便利な制度です。
ここではキャバクラ派遣との違いや、メリット・デメリットをご紹介します。


キャバクラ派遣のメリット

◆キャバクラ派遣のメリット

お給料面では大きな差はありません。
体験入店と派遣で違いが出てくるのは、しっかりと働き始めてからなんです。
体入を経て本入店した場合、シフトや時間帯など、お店側に合わせて予定を組むことが多くなります。
また、それぞれのお店で決められたノルマやルールに従うだけでなく、
場合によっては罰金やペナルティがあることもあります。
一方、キャバクラ派遣では出勤する日を全部自分の思い通りに決められます。
平日だけ、週に1回だけ、などプライベートを優先しつつ自由なスタイルでお仕事できるんです。


キャバクラ派遣のデメリット

◆キャバクラ派遣のデメリット

本入店した女の子は、頑張り次第によってどんどん時給がアップしていきます。
ボトルや指名、同伴などのバックを利用すれば月給100万円を超えることだってあるんです。
しかし、キャバクラ派遣の場合はそういった劇的なお給料アップがなく、
最初の時給のままお仕事を続けることになります。
時給が変動しない代わりに、バック等のプラスアルファがつかないお店も存在します。
指名やドリンクなど、いくら頑張ってもお給料に一切反映されることなく、
時給のみのお給料になることも…。
また、ご来店状況によって優先的に早上がりになることやもあります。